二種類のETCカード

ETCシステムとは、有料道路の通行料金を後払いで精算するシステムのこと。

ETCシステムは、ETCカードを車載器に挿入することではじめて利用できるものです。

ETCカードを携帯するだけでは、ETCレーンを通過することはできませんのでご注意を。

また、利用の際は、クレジット会社が提供するクレジット機能を利用するため、クレジットカード会社にて発行手続きを行います。

ここで、用途別2タイプのETCカードをご紹介します。

まず、ETCシステムを利用することに特化したカードをETC専用カードと言います。

このカードは、有料道路のETC による通行料金精算の際に使用できますが、その他、ショッピング施設などで利用できる通常のクレジットカードの機能はありません。

もう一つは、一体型ETCカードと呼ばれるもので、一般のクレジットカード機能がセットになったETCカードです。

こちらは有料道路の通行料金精算時はもちろん、クレジット払いが可能なショッピング施設などでの利用が可能なものです。

クレジットカードとETCカードを別々に持つのは不安という方や、枚数が増えるのが嫌!という方などにとっては、一体型ETCカードが適しているかと思います。

ちなみに、ETCカードを申し込む際には、クレジットカード同様に、クレジットカード会社による審査がありますのでご注意を。

Yahoo! JAPAN