ETCカードの起源

ETCカードはドライバーの味方!

ETCカードはどのようにして生まれたか?その起源についてご紹介します。

ETCカードの起源

今となっては、ETCカードは、私たちの生活になくてはならない存在になりました。

高速道路の料金所をスムーズに通過できる快適さは、一度慣れてしまうとやめられませんよね。

そんな身近で便利なETCカードの起源についてご紹介します。

ETCとは、Electronic Toll Collection Systemの略で、電子料金収受システムという意味。

ETCは、平成5年に研究が着手され、それから約10年を経て、現在のように全国の有料道路で使用されるようになりました。

ETCが生まれた背景には、クルマ社会の発展に伴って起こった、有料道路の渋滞の深刻化が深く関係しています。

渋滞解消のために、道路の拡幅工事なども積極的に進められたそうですが、とうとう限界に達し、有料道路の抜本的なシステムの見直しが必要となったというわけです。

そして新たに立ち上がった計画が、現在のETCの始まりだったそうです。

有料道路で最も渋滞が起こりやすい場所といったら、一時停車しなければならない料金所でした。

そこで、もっとスムーズに料金所を通過できれば、渋滞解消に結び付くと考えられたようです。

全国の高速道路の料金所では実際、ETC利用の増加に伴って渋滞が大幅に減少しており、ETCは渋滞解消に大きな成果を上げたと言えます。

関連サイトURL 〜http://www.newdaymd.com/

Yahoo! JAPAN


Copyright (C) nathansom.com. All Rights Reserved.

ETCカードはドライバーの味方!